良睡眠で究極の休息を!!

みなさんこんにちは!
しょうわ整骨院副院長渡辺です。

 

日に日に寒さをます今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今日のブログでは、人間にとっての3大欲求の一つでもある睡眠についてお話させて
いただきたいと思います!

 

①現代人の「睡眠」は?
②睡眠のメカニズム
③良睡眠で疲労回復☆
④悪い睡眠。原因もろもろ
⑤まとめ

 

 

「ベッド」の画像検索結果「寝室」の画像検索結果

 

① 現代人の「睡眠」は?
普段、僕たちが患者様を治療していく中で、生活に関するさまざまな質問をうけることがあります。
その中でも「睡眠」に関しての悩みを持っている方は非常に多いと思います。
例えば、眠りが浅い、足がつって起きてしまう、朝の目覚めが悪い。。。など。
ある統計によると、現代人の約70%が自分の睡眠について不満をもっているというデータも出ているほどです。
質の良い睡眠とは何なのか、どうすればちゃんと眠れるのかお話していきたいと思います。

 

女性ホルモン向上ラボFrisch gestärkt in den Frühling starten

② 睡眠のメカニズム
人は日が昇ってから起きて活動をはじめ、日が沈み夜になってから眠りにつく、再び日が昇れば起きて活動を始め。。
という流れが一般的で、このリズムは勝手に作られるものです。いわゆる「体内時計」です。
この体内時計によって眠りを促すメラトニンや覚醒を促すコルチゾールなどのホルモンを分泌することで、だいたい同じ時間に起きて眠るサイクルを作り出そうとします。他にも体温の調整など生体機能を総動員し睡眠と覚醒のリズムを作っているのです。
しかし、現代社会ではこのシステムがうまく働かなくなってしまう要因があふれているために、人は満足な睡眠を得られなくなっているのです。

 

 

7440_3Man's Fertility

③良睡眠で疲労回復☆
睡眠で疲労回復をするにはやはり、全身の血行を良くすることが重要です。
一番いいのは湯船につかり体の芯まであたためること。
熱いお湯と冷たい水に交互につかる交代湯や、HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法など手軽でおすすめです。
しかし、現代人は日頃の姿勢の悪さから肩周りの筋肉やふくらはぎなどの血流が悪くなりがちです。
特に寝ている姿勢や、血行の悪さから寝ていると首が痛くなったり、ふくらはぎがつったりなどは多いことでしょう。
ですので、枕の高さ、硬さ。ふくらはぎストレッチや疲労回復用のソックスをはいたりなどの局所的なアプローチが必要かもしれません。
全身の血がしっかりと流れる状態を作ってあげて、脳の体温を上げてあげることで自然と眠気に襲われることでしょう。

 

「携帯電話」の画像検索結果「ウイスキー」の画像検索結果

④悪い睡眠。原因もろもろ
睡眠の質が悪くなる理由は様々あります。
例えば、寝ながらスマホ!これはやっている人は多いのではないかと思います。スマホやPCの光は、睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌を妨げてしまいます。寝る直前はスマホの光は避けた方がいいかもしれません。
あとはお酒!
これも晩酌で食事とともに適量を飲むのなら問題はなくむしろいい効果も期待されるでしょう。
しかし、寝酒になってしまうと良くありません。
睡眠中枢が眠りを促進するためすぐ寝つけるようになるかもしれませんが、酔っぱらった状態では脳が混乱状態にあるため深い眠りにつけません。浅い眠りにお悩みの方は寝酒が原因だったりします。
その他いろいろありますが、この二つだけでも当てはまる方は非常に多いのではないでしょうか。

 

69ffcfe8-24b4-4d18-a223-fb41fa9a0a1f 7edbefbf-856f-4d72-a5af-72e4195c1a70

⑤まとめ
現代人は日々吹き荒れるストレスにより休息が充分にとれていないのではないかと思います。
しょうわ整骨院では疲労回復のアイテムとして酸素カプセルをおすすめしています。酸素カプセルに入ることで体中の細胞が活性化し血行が良くなり、たとえ1時間でも熟睡することができます。
また、肩周りの筋肉をほぐすことができる「MAG-RA」という枕も取り扱っております。
施術以外でも皆様の健康をサポートできるように様々のものをご案内させていただきたいと思いますので気になる方はぜひお声がけください。
良い睡眠時間を確保して十分な休息で今年を乗り切りましょう!!