骨盤をたてる!!

みなさんこんにちは!

しょうわ整骨院の武山です。

皆さんは、ゆっくりしていたはずなのに首や腰が重だるい。

または、痛いなんてことありませんか?

なぜでしょうか?

それは皆さんが、リラックスしていると思ってしている【格好や姿勢】が、からだ側からすると実はリラックスできてない負荷のかかった姿勢の事が多いからなのです。


① リラックスしている時の姿勢

② 本来、体に負担がかかりにくい姿勢

③ まとめ

 

 

① リラックスしている時の姿勢

お休み中に、みなさんがどのようにすごされていたか少し思い出してみてください。

ゴロゴロしながらスマホをみていた、ソファに座ってテレビや映画なんかを鑑賞していた、床や椅子に座ってパソコンでネットをみていた、などなど色々とみなさんをとりまく環境や生活空間も違いますが、おそらく共通点が1つあると思われます。

『姿勢が悪い』

じゃありませんか?

大半の方は、ご自分の姿勢が悪いと認識されていると思いますが、じゃあどこをどうすればいいのか?

わからないし、誰に何を聞けばよいのかもわからない。

または、姿勢を意識しているし周りの人たちからは姿勢がキレイだと褒められるという人もいらっしゃるかもしれませんが腰が痛かったり首や肩がすごく痛いなんて方はもしかしたら骨格的にはあまりよい姿勢ではないという可能性があります。

そもそも、自宅にいてくつろいでいる時の姿勢で良い姿勢を維持するなんてこと自体なかなか難しい、と思われてませんか?

腰や頚、肩が痛いなんて方は体を支えるべき筋肉を使えずに、違う筋肉で体を支えるという行為を代用してしまっているので、その代用している筋肉が痛くなってしまっているという可能性があります。

ですので本来、体を支えるべき筋肉を使ってあげれば、代用されていた痛んだ筋肉も負担が格段に減ります。

そしてその使い方を習慣つけてしまえば体がその姿勢を記憶してくれるのです。

つまり、リラックスしているはずの普段の皆さんの姿勢は、実は体にとってはとてもリラックス出来ていない、出来ない姿勢になってしまっているのです。


② 本来体に負担がかかりにくい姿勢

 

実際、体の全部を脱力して姿勢を維持するなんて無理です、でも体の役割分担されている通りのところに役割通りの仕事をさせてあげればイレギュラーなことでもない限り体はいつもキチンと仕事をしてくれます。

つまりきれいな姿勢を保っていてくれるのです!

ならばその役割分担をきちんと理解してその通りに使えるように体を再教育してあげる、大事なのはいわゆる体幹と呼ばれるような筋肉、腸腰筋や腹横筋、骨盤底筋などと呼ばれる体の軸を支える筋肉です。

インナーマッスルは体を支える筋肉!

アウターマッスルは体を動かす筋肉!

そして座っている時、立っている時、常に腹圧を入れるようにする!

腹圧を入れるようにする、なんて言われていてもよくわからないとお思いでしょうが、おへその下に意識もっていき力をくっといれるだけです。

この「腹圧をいれる」が一番肝心なのです!

腹圧を入れることによって骨盤まわりのインナーマッスル群が、天然のコルセット状態になり骨盤を安定させてくれるのです。

その状態から骨盤が立たせて椅子であれば座面に乗っけてあげれば、骨盤が寝すぎたり、反りすぎたりすることはないのです。

その状態から天井を見るように真上を向き、首のの角度が垂直に立ったら顎を引いてきます。

すると頭のてっぺんから骨盤の下まで真っすぐになり、自然とみぞおちにかけて下から上に引きあがるような感覚を感じるはずです。

じつはその姿勢こそ体にとって楽な姿勢なのです。

実践してみて違和感や反っていたりのけぞっている感じがするひとは、普段反対側に重心が偏っていたりするはずです!

その座り方や首の位置さえできるようになってしまえば、ひどい肩こりや腰痛に悩まされることはなくなってしまいます。


③まとめ

 

つまり前述の通り維持する筋肉をきちんと意識して使っていければ、正しい姿勢を維持することはさして大変なことではないのです。

ただし今までしみついてしまっている悪習は中々払拭することができないかもしれないですよね。

そんな方はしょうわ整骨院が全力でサポートさせていただきますので、いつでもご来院ください!!