夏間近!あなたの腹筋大丈夫ですか?

こんにちわ!

副院長の渡辺です。

しょうわ整骨院スタッフ渡辺
今回が久々のブログ更新になります!

今回は「腹筋」についてお話させていただきたいと思います。

皆さんこれまでの経験の中で「腹筋を鍛えよう!」と思いたって腹筋運動に勤しんだことが何度となくあるかと思います。

ポッコリ出てしまったお腹をへっこませるため。きれいなクビレをつくるため。はたまた、腰痛改善のため。。。

目的は様々あるかと思いますが腹筋を鍛え上げることで体にとって大きな影響がもたらされることは確実です!


1 腹筋の解剖

2 腹筋と体幹

3 腹筋の鍛え方

4 まとめ


1 腹筋の解剖

皆さん腹筋って、何枚あるかご存じでしょうか?

実は、腹筋って4枚あるんです。しかもミルフィーユみたいな層になっています。

腹筋 (3)

(Tarzanより引用)

上から、

  • 腹直筋・・・・体を丸める働きをしています。俗にいうシックスパックと呼ばれる部分の腹筋です。
  • 外腹斜筋・・・お腹をひねったり、横にたおす筋肉です。お腹のクビレを作る筋肉です。
  • 内腹斜筋・・・外腹斜筋と作用は同じですが、走行が違うため働き方が変わります。
  • 腹横筋・・・・一番深層にある腹筋です。骨盤を固定、安定させる働きをしています

この4種類の腹筋を正しく使えてこそ、体にとって素晴らしい影響がもたらされるのです。


 

2 腹筋と体幹

皆さん腹筋と体幹の違いってわかりますか?

腹筋とは、最初に書いた4種類の筋肉をまとめていったものです。

220_F_83578685_VRybXNs34kl0jdTLOkrbiTkdt4EOHSNc    220_F_82543564_8urQYp4WCVK00RMWLaWuTGFHM1cTUOtT    220_F_58066620_2HyfKC3YYJKrwmpnIc9KoPSjgMom3ccw

体幹というのは、脊柱・胸郭・骨盤を合わせたもので、体幹の中に腹筋が含まれているというイメージです。

おそらく、腹筋を鍛える=体幹を鍛える こう思っていた方は多いでしょう。

ですが、実際は腹筋がうまく使えるようになることで初めて体幹がきたえられるのです。

体幹がうまく働くようになると日常の動作が変わり姿勢の改善などの効果がもたらされるのです。

 


 

3 腹筋の鍛え方

腹筋の筋トレをしよう!と思い立ったとき皆さんはどのような鍛え方をするでしょうか?

おそらくイメージしたのは膝を立て頭で手を組み起き上がる。こんな動きではないでしょうか?

220_F_83633078_OMTH27YD8lRMeURRuHmU6t3OSFY9woTA

腹筋を鍛えるとなると、体を丸めてしまう動きをしてしまうことが多いと思います。実はこの動き腹筋の中では一番表層の腹直筋しか

使っておらず、これより奥にある3枚の腹筋は全く使えていないのです。

腹筋は層になっているため一番深層が使われれば、同じ動きをしてもすべての腹筋が使われるのです!

では、一番奥の筋肉。つまり腹横筋を使うためにどうしたらいいのか?

それはお腹を凹ます!だけでいいんです。腹筋運動は様々なやり方があると思いますが、基本は一緒。体を丸める前にお腹を凹ます!

 

これだけで腹筋の鍛え方が格段に効率が良くなります。

 


 

4 まとめ

とはいっても、言葉だけではなかなか伝わらないことだと思います。しょうわ整骨院ではこういったトレーニング指導もおこなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

百聞は一見にしかず。まず体感していただくと今までやっていた腹筋運動がもったいないものだったのかわかっていただけると思います。

姿勢の改善、腰痛の改善、肩こりの改善すべてにおいて腹筋、体幹は重要です。

しょうわの腹筋・体幹トレーニング一度体験してみてください!!